ひと味


笑って泣いて、恋をした。
何もかもが楽しくて、毎日ひと味ずつ、人生が美味しくなっていった。




『物語』へ
『短編』へ


表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ