□ブックタイトル
紅い雲の夢

□執筆開始日
2008年10月12日

□カテゴリー
小説
 ドリーム

□概要



好き、大好き、愛してます

気付いてくれなくても良い
応えてくれなくても良い


ワタシはただ、
アナタの隣りに居たいだけ

□読者へのメッセージ



ずっと、そんな事を
ワタシは考えていました。


《ばか、早くに言って居れば、もっと長く側に居られたのに》



えぇ、ワタシは馬鹿ですね
でも普通は気付きませんよ

こんなワタシとアナタが
"   "だったなんて。


[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ