小説『記憶』

不登校の少年 シュウの
現在から前世や未来までまたがる「記憶」がもたらす悲しみからの脱却のちゅん太のオリジナルのお話です。
シュウの成長を見守って下さいね。

ご感想やご要望は、メールで直接頂くか、メッセージ欄をクリックして書き込みをお願いします。
また、こんな話もなどとい言う希望もあればなんとか挑戦しようと思います。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ