終焉の鬼説

第3005話  


幸 私 微 其
せ は 笑 方
で と ま と
し て し の
た も い 日
    記 々
    憶  


   往事草子
   明晰瓦版
   天真直筆
   徒然日記
   繋り綴り


頬 瞬 色 溢 唯 伝
を の を れ : わ
流 傷 滲 る 愛 る
れ み ま 泪 し 温
る   せ は く も
一   た    り
線        


其  泪 最  糸 無
方  に 期  は 情
の  濡 に  途 に
笑  れ 視  切 も
顔  た た  れ  
    の  た  
    は    


二 一 静  穏 安
つ つ 寂  や 心
三 : に  か に
つ 囁 息  な も
: く を  気 似
    飲  持 た
    む  ち  


其 不 想 聲 骸
は 意 人 は を
掻 に へ 叫 抱
消 降 は と く
さ 出 届 化 手
れ し か す は
た た ず が 震
  雨     え
  に      


忘  消 其  愁
れ  え は  を
さ  逝 何  謳
せ  く 故  う
た  体 か  雨
   温 暖  粒
   を く   


薄 有  仰 悲
紅 る  い し
の 筈  だ み
華 無  先 に
  き  は  


美 幻 そ 散 儚
し の れ り く
く よ は 逝 霞
  う そ く む
  に れ 憶  
    は い  


そ  ま
の  る
も  で
の  貴
で  女
し   
た   
│   



  平      御
  成      訪
  十    御 問
  九  管 座 有
  年  理 い 難
  七  人 ま う
  月    し  
開 七  黒 た  
設 日  兎  ゚ 


ブックマーク|教える




©フォレストページ