•合成獣について


1、製造目的・過去にあった施設


・お偉いさんが奴隷・または兵器・愛玩具のために開発された

・人間の遺伝子に動物の遺伝子を混ぜて作られる

・施設は広大な私有地で訓練所・研究所・トラップ等が設置されていた

・基本的、外に出る事が出来るのは任務の時のみ



2、合成獣について


・動物の血が月が満月になるにつれて濃く、強くなる

・動物の血が濃くなると瞳の色が赤・もしくは金となり、時により
暴走する

・愛玩系と戦闘系がおり、戦闘系は増強装置をつけられている(執事達は全員戦闘系)
 増強装置は1度つけられると体内から外す事は出来ないとされている(無理矢理外した時、その身体は死にいたる)
 
・認めた人には従順で義理堅い

・発情期あり
 (そのためその時期になると主人に迷惑をかけない様にクタクタになるまで働く)

・生誕時から合成獣として生まれる
極まれに遺伝子を操作して後天的に合成獣にさせられるものもいる
 
・戦闘系合成獣の場合、幼少期に戦闘に必要な専門的知識を植えつけられる

・早ければ15歳前後で戦場送られてたり、売られたりする

・動物と会話が出来る

・合成された動物の能力を持てる


3、執事達について


・普段は制御装置(首輪/一人腕輪)をしている

・制御装置は一定量までしか抑えられないのでその一定量を超えると獣化する

・ちなみに制御装置製造者はガリアン

・数ある合成獣達の中でTOPクラスの実力者達であった

・ある事件から施設から逃げ出し、今現在の主人たちに匿われる



4、掛け合わされた動物と首輪の色
 
 アル………狼犬・蒼
 アラン……ライオン・こげ茶
 ペタ………狐・黒
 ロラン……鳥・白
 スタンリー…猫・赤

[TOPへ]
[カスタマイズ]




©フォレストページ