Short Story

□ホッカイロ
1ページ/2ページ




ふわり、ふわり


空から零れる粉砂糖





『はっくしゅん!』


盛大にくしゃみをして、マフラーを整える。



今日は一段と冷え込んだ日で。
でもこれから、夕飯のおかずを買いに行かなくてはならないのだ。



『今日は何にしようかな…』



靴を履き、爪先をぶつけながら考えるは、自分の思う美味しい料理達。
想像するだけでわくわくする。


『よし!レッツゴー!』


今日は寒いから、帰りに肉まんを買って帰ろう。


織姫は楽しそうに笑いながら、思い切り地面を蹴った。




* * * * * *




『わぁ…』




商店街をぐるりと回って、色んな物に目移りして。
珍しい物を見つけたり、可愛い物に癒されたり。




季節ごとに変わる景色に、そっと目を閉じる。



きっとこういう何気ない出来事が、幸せという事。




そして―――





『井上?』




『…!』



大好きな人に会える事も。





『く、黒崎くんっ!?』



『おう、今日も元気そうだな…何やってんだ?』


『えへへ…ちょっと夕飯の買い出しに。黒崎くんは?』




『ああ、俺は遊子に頼まれてな』



そう言って苦笑する一護に、織姫は頬を緩ませる。




(優しいなぁ…黒崎くん)


なんだかんだ言いながらも買い出しに行く姿が目に浮かぶ。



微笑ましく思いながら頬を緩ませていると、彼は「?」と困ったように笑った。



『どうした?』



『ううん、なんでもない』



それよりスーパーに行かないとね!と意気込む織姫を見て、一護は同じ用だし一緒に行かねぇか?と提案。




『えっ…?』




予想外の言葉に、頬を赤らめて一瞬硬直。





『嫌なら別に…』



『い、嫌じゃないよ!!』




凄い勢いで返答が返ってきた事に驚いたのか、目を見開いた。





『そ、そうか…』




(変な誤解されちゃったかも…恥ずかしいなぁ…どうしよう)




そんな考えを知ってか知らずか、前を歩く一護はどんどん進んでいく。





『どうしたんだよ?早く行こうぜ』




こちらに振り向いた彼に、「うん!」と微笑んで走り出した。





* * * * *





『たくさん買っちゃったねー!』




笑顔でそう言う織姫の手には、スーパーの袋が一つ。




『そうだな…てか井上、お前一体何作る気なんだ?』


…袋の中身にはあえて触れないでおくが。



冷静に突っ込みを入れつつ隣で歩く一護に、織姫はえっと…と何故か照れたように笑った。



『なんでそこで照れんだ?』



『あはは…』



照れ笑いする織姫に一護は「?」を頭上に増やし、釣られて苦笑い。屈託のない笑顔に、流石の一護も敵わねェな…と溜息。



『今日は有難う!黒崎くんのおかげで楽しかったよ』



その言葉にふと我に帰る。気が付けば、いつもの分かれ道。



『あァ、別に大した事じゃねーよ。俺のほうこそ付き合わせて悪かったな』



『ううん、そんな事ない…』




別れの言葉を紡いだ時、急に湧いた感情。



どうしてなんだろう。
いつもの分かれ道なのに今日は凄く寂しくて。



会話を終わらせるのが、勿体なくて。




『…井上?』




私今、どんな顔してる?



本当の気持ちはそっと心の奥へ。
だってこんな事を言っても困らせるだけ。





『井上、大丈夫か?』




『えっ!?あ、なんでもないなんでもない!!ごめんね黒崎く…』





くしゅん!!





好きな人の前での盛大なくしゃみ。かなり恥ずかしくて顔が赤く染まる。


だが彼はあまり気にしていないようで、事もなげに聞いてきた。



『…井上風邪か?』



『ち、違うの!!ホラ、今日は寒いから…』



『あァ、』



そうだな…と空を見上げて白い息を一つ。どんよりとした灰色が目に映る。



『…雪でも降るんじゃねーか?』



『うん…!!だと良いね…じゃあ、私はこれで…』




一瞬だった。





またね、と呟こうとして振り向いた時、腕をガシッと掴まれて。



あっという間に向き直され、目に入るのは茶色の綺麗な瞳。




『く、黒崎くんっ!?』



『馬鹿野郎、震えてるじゃねーか。風邪引くぞ』


風邪は引き始めが肝心って知らねェのか?と言うその声は優しくて。



『とりあえず羽織ってろ』



一回り大きな上着を肩に掛けられた時、心臓の音がうるさくて仕方なかった。



『で、でも…』



『良いから。着てろって』



ほのかに体温が残る上着にそっと袖を通すと、なんだか心まで温かくなって。




『あ、有難う…』



『おう。…早く行こうぜ』


『…えっ…?』



驚いて顔を上げれば、自宅とは反対方向に歩き出す大きな背中。



.

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ