蒼眼のシリウス

□CHAPTER T
1ページ/15ページ



確か、8年くらい前のことだったかな。


私が、まだ小さかった頃。


戦争が、まだ今よりは酷くなっていなかった頃に

大きな事件が起きた。



ある、有名な研究グループの科学者たちとその家族が

皆揃って自殺してしまう という事件。



自殺した科学者とその家族のほとんどは、それぞれの自宅で発見された。

どの科学者の家からも、飛び散った血痕や自殺に使用した凶器などは見つからなかった。

遺体のすぐ側に、小さなビンが転がっていただけだという。


きっと、独自に自殺用の薬を作って

家族と一緒に飲んだのだろう。

小ビンには、その薬が入っていたに違いない。



しかし。



ある科学者と、その家族だけは




どこを探しても、見つからなかった。





どこか、人知れない場所で

静かに死んでいったのだろうか。



それとも、まだどこかで生きているのだろうか。

事件の後、誰もその科学者一家の姿を目にした者は居ないから


定かではない。





でも、私は。



きっとその人たちは生きている、と


信じている。




そして、


「いつか逢えたらいいな」と



密かに願っているのだ。






 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ