番外編

□TURN45.5-進化と炎‥君主[ロード]VS独眼竜[どくがんりゅう]-
1ページ/31ページ

夜…デュエルアカデミア・オシリスレッド寮・万丈目ルーム


ななみ「じゃ〜あん!」


ななみが右手の甲の竜の紋章を皆に見せる


…優一達が人間界に帰還した夜、万丈目ルームで情報交換をしていた


由希「狽サれって竜の紋章じゃないですか!?」


あかり「竜の紋章がナナちゃんの手の甲に現れてるって事は、ナナちゃんが竜騎士に?」


あかりと由希が驚く


フェザー『そういう訳でナナの龍騎になったブラック・フェザードラゴンのフェザー様だ!


宜しくな!!


それと久し振りだなスター・デモン・ローズ・フェアリー!!!』


手の平サイズモードで現れたフェザーが挨拶する


スター『久し振りだなフェザー。』


デモン『よう、お調子者。』


ローズ『相変わらずねフェザー。』


フェアリー『元気そうで何よりです。』


同じく手の平サイズで現れたスター・デモン・ローズ・フェアリー


フェザー『そういやヤミのガキから連絡着たがアイツも龍騎になったらしいぜ。』


ローズ『あの娘が?


…大丈夫なの?』


心配そうな顔をするローズ


デモン『狽ィいおいマジか!?』


スター『…寧ろあの我が侭娘の竜騎士になる奴が哀れだ。』


フェアリー『それであの娘の竜騎士様は何方なの?』


フェアリーの質問に


フェザー『確かアー何とかクロコップとかと言ったっけ?』
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ