この唄、君に捧ぐ。-紅と蒼の交響曲-


□RetraceT-始まり-
1ページ/6ページ




確かに、この世界には退屈してた。


いつもと変わらず朝を迎えて。


いつもと変わらず学校に行って、友達と喋って。


いつもと変わらず部活をやって。

いつもと変わらず家に帰って、寝る。


コレが、普通で。


普通すぎて退屈で、どこかでスリルを求めてる自分は、確かにいたよ?うん、それは認めるさ。


でも・・・・・・




『・・・コレはないだろぉぉお!!!!』










RetraceT-始まり-







次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ