main



novel


貴方との思い出
一つ また一つ
コルクボードに
貼り付けてみる

貴方の笑顔ばかり
そこにはあるのに
今の私は笑えない
気づいたときには
涙が頬を伝ってた

貴方がいなければ
幸せになれません

思い出に向かって
呟き流れた私の涙
拭ってくれたのは
貴方だったのかな



表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ