去り行く夜に口付けを
輝く星屑 漆黒の夜空






似て非なる二つの存在






異なるものでありながら お互いを求めて惹かれあう






それは宿命 定められた恋






今、運命の元に28827人目の民が立ち上がる






その背後には歴史に葬り去られた『赤き龍』の姿があった……




 


光さす道への標

語り手の素性

風化し続ける記録たち

見えるけど見えないもの
掲示板

ある日のつぶやき



愛する人々



定められていた相手でも






決められていた関係でも






そこに『愛』があればいいんじゃない?






一人では耐え切れない重荷でも






二人なら大丈夫






私は信じる






いつか、戻ってくるから






必ず帰るから






また私を受け入れて






『美しき夜の娘』




 

参加させてもらってます♪

遊アキRank!


ブックマーク|教える




©フォレストページ