金色の髪の少女と翡翠色の本の少女

私は、私はもう誰かが悲しい涙を流すところを見たくない。
だから私はこの悲しい戦いを終わらせるために王になろう。
あなたのような優しく暖かい、陽の光のような優しい王様に・・・・・。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ