無反響の咆哮
     

孤独な獣が天を仰ぎ声を上げる

されどその声は人の波に飲み込まれ

友に届く事も無く 闇に消え去る

それでも彼は吼える事を止めない

この声がいつか友に届く事を信じて…


-
【READ ME】
--
【PROFILE】
---
【DIARY】
----
【NOVEL】
-----
【BSS】
-----
----------
【MAIL】
【WEB拍手】


ブックマーク|教える
訪問者392人目


更新履歴


©フォレストページ