グリザイユ

個々の願いを背に歩み続けた歪んだ世界。
反乱はいつしか改革となり、人々を震撼させた。
宿舎という檻に閉じ込める風習、捕らわれた身でできること。
些細な振動が、やがて世界に亀裂を生じさせ、歯車を動かす発端となる。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ