寂れた電車の終点。

“一人暮らし”
胸躍る春と共に舞い散る平凡な生活。

常軌を逸した住人の巣窟と化した水啾深荘の門。
ハチャメチャな学生の巣窟と化した桜木高校の門。

二つの門を同時に潜ることになった宮野芽依の波乱万丈日常コメディ。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ