あめ時々はれ
あめ時々はれ

心に激しいあめがふる

その瞬間涙が溢れでる

悲しくて

苦しくて

どうしようもないほど悔しくて

心は雨の水でいっぱいになった。

太陽が照らしはじめた

心にあった水溜まりはどんどん消えて行き
悲しみが嬉しみに

苦しみが幸せに

どうしようもない悔しみはきえさった

照らした太陽は眩しくて手にとどかない存在だけど寂しい気持ちはきえさった
∽自己紹介∽
∽日記∽
∽Realtime∽
∽Book∽
∽BookU∽
∽MailBOX∽


ブックマーク|教える
訪問者260人目




©フォレストページ