空を見上げて




自分は必要となんかされてない、いらない存在だと思い続けた。


だから、せめてもの恩返しに里の者を守ろうと思ったの

―――――自分自身の命がなくなろうとも………


だけど………



※他のナルトの夢小説と設定が似てるいるから嫌だという方は見ない方がいいです。

 

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ