☆ 

□南風
1ページ/1ページ

 



「いーたん」

そっと零崎が僕の腰に手をまわした。
そのまま引き寄せられて、キスをされる。

「あのさ、」

いつもならこのまま流されてしまっている所だけど、今日は思いきって零崎の手を止めた。

「言いにくいんだけど」
「うん?」
「僕、セックスよりもキスがしたい」
「……は?え?」
「あんまり好きじゃないんだよね」

零崎は凍ったように固まったまま、あ、そう、と呟いた。

「…………」
「何落ち込んでるの」
「………いや、…俺欲求不満で死ぬじゃん。拷問じゃん」
「……………」
「あ、じゃあさ!」

勢いよくがし、と肩を掴まれる。
その零崎の目がなんだか輝いていて、僕は何となく不安になった。

「したくなったらキスするけど、いい?それなら我慢する」
「え?別にそれならいいけど……―――っ……………な、に……」
「したくなった」
「は?………ん、ちょっと……」

会話している間も零崎は僕にキスをする。
ああ、もう。
こんなんじゃ僕がもたない。

「……分かった、分かったから、少しだけならいいから」
「まじで!」
「少しだけ、だってば……」
「やった!」
「ちょ……今言ったばっかなのにっ……」
「我慢できねえ」

零崎は引き続き僕にキスを降らせながら言った。

「…………いーたん、キスしたい」
「……してるじゃん」
「いーたんのこと好きだから、もっとしたい。いーたんの全部が好き」
「…………んっ……」

よくこんな恥ずかしい言葉言えるよね。
キスの合間に、僕は小さく溜息を吐いた。
もう、別にいいや。

どうやったって、キスはしてくれるみたいだから。





fin*








セックスよりもキスの方が愛を感じると思うのは私だけでしょうかかっこわらい

 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ